2018年1月18日木曜日

どんどや�

飾り付けが終わるといよいよ点火です!
点火者は、本日誕生日のつくし組T君!!
一緒にマッチでつけた火を櫓に放ちました。
火が広がり、しばらくすると「パンッ!!」と竹が破裂する音が響きます。
破裂音がするたびに、皆「ドキッ!」と反応していました。
火が落ち着くと、皆の楽しみマシュマロ焼きと焼き芋をしました。
マシュマロはもも組よりしました。
もも組でも安全にできるように、焼けた炭を小分けして規模を小さくして焼きました。
また、つくし組の子達が熱さと煙に苦戦しながら焼いていると、すみれ組の子達が
代わりに焼いてあげていました。
こういった異年齢の中で、子ども達は大人が口を出さなくても、互いに助け合うことが
できることに改めて気づかされます。
それからこの環境です。火が広がり、煙が出ても住宅街でないので、思いっきり
子ども達に経験させてあげれる事。
危ないから、近所迷惑だから制限するということが皆無です。
午前中、子ども達はじっくりそれぞれの試して見たい事を体験していました。
とても良い時間を過ごすことができました(^ ^)