2018年3月29日木曜日

畑を耕し、畑から学ぶ

昨日、農業をされている卒園児のお父さんに、トラクターで畑を耕してもらいました。
おかげで土がフカフカになりました!
去年から刈った草も良い具合に完熟し混ざり合い、栄養価も上がったと思います。
今日は、遊びにきている卒園児とスコップ、鍬で畑にウネを作って行く作業から、
少し遅いですが、春ジャガイモを植え、大根、ホウレンソウ、里芋、落下生の種まきを
しました。
長靴を持ってきていない子ども達、裸足になりフカフカの土を踏みしめ『土が気持ちいい』
と感触を楽しんでいました。
交代でウネを作って行く子ども達。休憩をいれながら正午過ぎまで、二時間以上夢中で
していました。
ウネを作っている途中『あっ!カナブンの幼虫!』とT君。
ポットに土を入れ「幼虫を持って帰って、いい土を作ろう」といいます。
カナブンの幼虫の糞を土の栄養価を高めるために利用するという、自然循環型農業の発想!
またこれだけ畑仕事を頑張っているので『今日は昼飯が美味いぞ!』と皆畑仕事を
頑張ってました。
途中、どんぐりの木の下に置いてる木材で水分補給がてら畑を眺めながら休む子達。
それを見て、土に触れ、自然に触れている限り、人はうつ病や引きこもりにはならない
ことに納得させられます。
これだけ夢中に取り組め、気持ちのいい汗をかく体験をしてメンタルが病むはずがありません。
子どもの頃にこの体験をすることで、将来自身のメンタルが疲れそうになった時に思い出し、
良い改善策として実施して欲しいものです。
日本全国のフリースクール等も、是非自然や農業をカリキュラムに!

2018年3月27日火曜日

ある日の花見で

本日も晴天!桜満開!園庭以外のさくらをみにいこうと、近所の桜スポットの公園へ
出発しましたが〓町内の方々がグランドゴルフをされていたので断念(^_^;)
転々と公園探し後、ある公園に到着(^ ^)
皆で、普段とは違う遊具や雰囲気を楽しみました。
すると木を見ると登りたくなく本能の子ども達!
満開の桜の花を間近で眺めていました。
私もこの公園はよく通りますし、色んな保育園、幼稚園が遊んでいますが、
気に登っている子を見たことは一度もありません。
流石!カトレアっ子〓

2018年3月26日月曜日

花見とサバ缶

今日から小学生は春休み。
園にも子ども達が弁当を持って遊びに来ています。
するとU君「先生サバ缶昼に食べていい?」ときてきました。
私個人が万一の災害時に頂いてきていたサバ缶の詰まったケースを発見^^;
早速、昼に園庭で満開の桜を見ながらランチタイム!
カセットコンロを持ち出し、サバ缶を加熱!
沸騰したての熱々を弁当と一緒に食べていました。
花見でサバ缶!これにワンカップがあれば、おっさんの飲み会になるなと
瞬時に脳裏に浮かびました(^_^;)

2018年3月25日日曜日

第38回卒園式

3月24日 第38回カトレア保育園卒園式をとりおこないました。
天気は快晴、桜は七分咲き!この上ない卒園式日和!
開始き前にオープニングムービーにて子ども達の生い立ちを流すと、
保護者の皆様も、この成長を振り返り、目を熱くされていました。
次第が進み、卒園証書授与。
一人ずつしっかりと証書を受け取ります。
それから受け取った証書を保護者に一人ずつ渡して行きます。
渡す際子ども達から『私の名前の由来を教えてください』
証書を受け取る為、この前にて待つお父さん、お母さんから
『○○の名は、○○のような子になって欲しいからつけました』と名の由来を
伝えてくれました。子も保護者の方も、職員も感動で皆が涙をそそりました。
式を滞りなく終え、皆で集合写真からの会食会に写る途中、保護者の皆様から
のサプライズがありました〓
みなさんが式までに子ども達の動画メッセージや写真を編集してサプライズDVDを
作成してくれていました(≧∇≦)
突然のサプライズに終始泣きっぱなしのS先生、さらに感動で泣いてました。
会食会に入りしばらくすると、恒例の各家族ごとのマイクリレー。
各家庭ごとに保育園を振り返っての思いを話して下さいました。
『本当にカトレアで良かった』多くの方から、最高の褒め言葉をいただきました。
私も最後に一言述べさせていただきました。
私たちは先生と呼ばれる立場です。子どもに対して時に叱り、時に指導しなければならない
立場です。
ですが、普段は子ども達にとって拠り所的存在でありたいと思います。
保育園は子にとって始めての社会で人との信頼関係を築く場だと思います。
私は、時に子どもと同じ目線で、子どもになりきり接することで互いにの関係性を
築ければと思っています。
子ども達にも、こんな大人がいるんだ!こんな大人になりたいと思って育ってほしい
と思っています。
子は(人は)されたことしか人にしません。優しくされた子は人に優しくします。
大人にされたことを自分が将来します。
ですから私たちがいかに子どもと信頼関係を築き、関わるかで、子の将来、人や
我が子に対する対応に影響すると思います。
このことを踏まえ、午後からの職員全体会議でも全員で共有し、また明日からの
保育に活かしていきたいと思います。

最後のつぼみ組

先週の金曜日、夕方のつぼみ組から『今日でみんなこのお部屋最後だから、
バンザイしようか』と声が聞こえてきました。
そこへお迎えにこられたお母さんにも「お母さんも一緒にバンザイどうですか?』とお母さん達も参加して、みんなで笑顔のバンザイが始まりました(≧∇≦)
今週からは、進級するクラスの慣らしの為にもクラスを移動しての保育となります。
今後の成長が楽しみです(^ ^)

2018年3月22日木曜日

小学校卒業式

本日は一律小学校の卒業式!
雨も上がり、桜もほぼ満開の中、私は秋津小学校の卒業式に出席しました。
私がいうのもなんですが、この成長は本当に早いと感じます。
この前卒園した子達が、もう卒業!
明後日卒園をひかえている年長児を想像し、重ねていました(^_^;)
皆が六年間の思いと、新たな志を抱き、凛々しく巣立っていきました。
そして、昼過ぎにやって来ました卒園児たち!
私が用事で出ていたので、間に合わなかった子達(途中車道で会いました^^;)
もいましたが、何をし始めたかというと園庭で遊び!木登り!かくれんぼ^^;
体も大きく声変わりしても、基本的なとこは変わっとらんな〜と妙に安心しました。

2018年3月21日水曜日

食の命 人の命

3月21日本日は、知り合いが主催するセミナーにスタッフとして熊本森都心ビルに
手伝いで参加しました。
講師は、大分県在住の全国的に有名なお百姓さん、赤峰勝人先生。
広大な敷地で完全無農薬、化学肥料を一切使わない農法は、全国に多くのファンの顧客を持ち
、いかに農薬や化学肥料が人体に害をもたらすかを発信されています。
今日も満員御礼、遠くは東京、長崎、鹿児島からもわざわざ来られていました。
まず「アトピーは病気ではない」と驚きの発言!そう赤峰先生の農場には、全国から口コミで
アトピーの方が尋ねて来られるそうです。
22年間かさぶただらけのアトピーの酷い女性が、食事を徹底して変え3ヶ月で完治した事例。
また、今の時期花粉症に悩んでいる方、塩分不足だそうです。
ただし、普通の塩ではなく良質な海水塩がミネラルを多く含んでいる。
普通の塩は90%以上が塩化ナトリウム(合成された、つまり作られた塩)
他にも、不妊症の夫婦は玄米食に変える。
うつ病の人は、ビタミンB3不足!決してうつ病の薬を飲んではダメ!味噌汁を飲むこと!
現代人はパンとコーヒーだから欠如しやすく陥りやすい等、皆が三時間の講話に釘付け
でした。
それから畑は化学肥料を使わず、生えている草を完熟肥料としてやるだけで野菜は育つと断言!
実は私も園の畑はこの方法でしています。
良い畑の条件は、ナズナやカラスエンドウが沢山生えていることと!カトレアの畑、今ナズナが生えまくっています(^ ^)
今まで畑を休ませていたので、草刈りして肥料にしようと思っていたところでした。
畑で生えたものだけで育てる、いわゆる循環農業の大切さ。
園の畑では、大根、カブ、キュウリ等子ども達に生でかじらせています。
夏は草ボウボウです。それは除草剤を使わないから。
体に入って害になるものは使わない。野菜本来の味を知る。
今回のセミナーは、これからの園の畑での更なるプラスになりました。
食と農業の大切さ、皆に伝えていかねばと思います!

2018年3月15日木曜日

ある日のすみれ組み

今日のすみれ組は、以前仕込んでおいた手作り味噌を使って味噌汁作りと、釜戸
でご飯を炊きました。
味噌汁班と飯炊き班に別れ、飯炊き班はマッチで火を付ける、ナタで薪割り。
味噌汁班は、鰹節削りからの味噌を溶くまでをしました。
ちょうど先日、すみれ組に手作りピザをプレゼントしたもも組の皆が遊んでおり、
削りたての鰹節を味見させてもらってました(^ ^)
炊きあがったご飯をれんげ組にもおすそ分け〓
釜戸で炊いたご飯を一口食べた時の子ども達のリアクション『美味しい!!』
画像からも読み取れています(^ ^)
手前がかかりますが、自分達で苦労して食す経験、大切です!
鰹節を削るときに一人怪我をしましたが、私は大切な経験だと思います。
怪我から子はリスクを学ぶ。リスク(失敗)なしに子は育たない。
今後、利便性が進む中、子ども達に不自由な体験が必要とされるのではないでしょうか。

2018年3月14日水曜日

10年の時を経て

今日は3月14日
ホワイトデーは置いといて、中学3年生にとっては、重要な日!
そう公立高校の合格発表の日でした!
朝かられんげ組で味噌汁作ってると内線で『卒園児のR君がお母さんときてます』と。
R君見事志望校に合格し、報告にきてくれていました(≧∇≦)
実は、私が前職から保育園に来て4月で10年目になります。
私が来た時の年長すみれ組がR君達でした。
しかもR君、以前ブログで紹介しましたとおり、熊本地震の際も学校が休校の為、
いち早く園の復旧の手伝いに来てくれていました。
一緒に車で支援物資を運んでくれました。
R君以外も一昨日は、中学を卒業したRちゃんが自転車で園にきて『私立は◯◯の特待受かった
、公立は◯◯!受かったら制服来て来るけん!』と笑顔で報告。
『誰々君は◯◯、誰々ちゃんは◯◯よ!先生、カトレア出身マジすげーよ!』と言ってくれました(≧∇≦)
子どもたちの未来は、園だけでなく保護者の皆様や、その他の関わりもあってこそだと思いますが、卒園児から言われて正直嬉しかったです(^ ^)
卒園児ても、小中高大、そして社会人。
ずっと繋がれる関係性でいたいと思いました。
そして、その為にも、今の保育をより良いものにしていかなければと思いました。

想いをピザにのせて

昨日のもも組さん。
収穫したブロッコリーでピザ作りをしました。
皆で育てて、調理して食べさせたい人達がいます。
もうすぐ卒園するすみれ組さん(^ ^)
中には、もも組とすみれ組で兄弟もいます。
実の兄弟にも、保育園での兄弟分であるお兄ちゃん、お姉ちゃん達にも
『ありがとう』の気持ちを手紙に書き、焼きあがったピザと一緒にプレゼントしました!

2018年3月12日月曜日

初ブロッコリー収穫

今朝は、もも組が去年、種から育てていたブロッコリーとカリフラワー
の収穫をしました(≧∇≦)
農薬、化学肥料一切使用せず、時期的に害虫も無く綺麗に育ちました。
皆で触ったり、匂いをかいだりしました(^ ^)
明日は、この収穫したブロッコリーでピザを焼き、もうすぐ卒園する
すみれ組の皆にプレゼントするそうです。
明日の皆の笑顔が楽しみです!

2018年3月10日土曜日

おやじの会築山作り

今日は朝からおやじの会より6名のお父さん方で第二園庭に築山を作りました。
盛られた山の周りに飛び木と土留めも含め、切り株をを埋めていきます。
途中水平レベルを気にしたり、子が乗ってもぐらつかないように、調整を重ねて
いました。
築山の斜面には、ジャンプ台用の切り株も設けました〓
最後に芝を並べ、芝が定着するまではロープで囲い養生します。
一ヶ月後には、草スキーを始め、それぞれの遊びが広がる遊び場になると思います。
毎年一つずつ、おやじの会で遊具を作ってもらっています。
親が子どもの遊具を作ると、親も遊びの視点が変わってきます。
お父さん方、ありがとうございました(≧∇≦)

2018年3月7日水曜日

保育園最後のお弁当

博物館見学後は、近くの公園にてお弁当を食べました。
すみれ組とれんげ組が一人ひとり間に入り、お弁当を食べます。
最後のお弁当。
お互い外での食事は今回が最後です。
子ども達は互いに何か意識しあったのでしょうか。
皆嬉しそうに、お母さんが作ったお弁当を見せてくれます(^ ^)
ちょうど今日が誕生日のS君、お弁当への想いも立派なお母さんからの
プレゼント〓
すみれ組は保育園での最後のお弁当。
今まで少しでも我が子が喜んで、美味しく食べてくれたらとお思いを
込めて作ってくれたお母さん達に感謝を込めて「いただきます」
そして「ごちそうさまでした」