2018年4月14日土曜日

4月14日

iPadから送信
4月14日今日は園ではお見知り遠足でしたが、熊本にとっては重要な日。
今日で熊本地震から2年が経ちました。
朝礼時や遠足の開会でも地震で亡くなられた方へ黙祷を捧げました。
若葉も解体が殆ど終わり、更地分譲や新築が建ち始めました。
今日も北海道で震度5弱、先日も島根でどう規模の地震が起きています。
いつ何時、何処で何が起きるか分からない。
そのためには備えが大切です。何かあった時も対応できる人間力が必要です。
私も震災後、様々な専門の方達と防災ネットワークを組み、今後熊本で何かあった際
の対応策を毎月話し合っています。
まだまだ、益城、南阿蘇等復旧課題が残っている地域があります。
仮説やみなし仮説での孤独死が増えています。
震災後、3〜4年後に自殺者が増える傾向があります。
明日は、私も所属するIPA熊本(園に停めているおもしろカー)も月一の被災地に出航する
日です。
今後も、できる時にできるシコで、益城や南阿蘇の支援を続けて行きたいと思います。
いつの時代も何かあったら「おたがいさまの精神で」