2018年4月29日日曜日

21世紀を生きる力

本日は19時より菊陽町図書館にて、全国的に有名な木村泰子さんの講演会がありました。
土曜の夜、しかも連休初日にもかかわらず、多くの小中学校の先生や保育士の方が参加されました(おそらく300名は参加がありました)
木村さんは、大阪市立大空小学校初代校長を9年務められ、子ども、保護者、教員、
地域住民で作る「みんながつくる、みんなの学校」を合言葉に尽力され、ドキュメンタリー
映画としても話題を呼び、全国で自主上映会が行われています。
これからの子ども達に必要なこと。
「見える学力」と「見えない学力」見える力とは、共通テストなどのことです。
見えない力、人を大切にする力、自分の考えを持つ力、自分を表現する力、チャレンジする力。
大空小学校は「見えない力」に力を入れたそうです。
殆どの学校は「見える力」に力を入れるのではないでしょうか!?
木村先生が取り組んで9年後、学力一位の秋田県の数値を大空小学校は超えていました�(゜Д゜)
木村さん言わく「見えない力の後に、見える力はついてくるもの」
明日も午前中は教育に熱い想いを持った少数メンバーと木村さんとの勉強会があります。
私も、幼児教育や義務教育が、今後どうあると全ての子ども達が伸びて行くのか、しっかり
学んでこようと思います。