2018年4月5日木曜日

ある日の釣果

今日の学童、昨日たくさん鯉を見たので、皆で釣りたくなりました。
各自で網、竿を持参しいざ江津湖へ。
餌は食パンのミミと何故か魚肉ソーセージを持ってきたS君(^_^;)
二本針に食パンとソーセージをそれぞれつけて投げ込みました。
初めて釣りをする子達も多く「先生まだ!?もういいんじゃない!?」
とソワソワ^^;
しばらくすると一本も竿に当たりが!が、私の長年の感で「あっ亀っぽいあたり」
リールを巻き始めると感触で確信。案の定大きなサイズのアカミミガメでした(^_^;)
おそらく魚肉ソーセージにヒット( ̄▽ ̄)
皆が浅瀬に石やブロックを拾ってきて囲い(牢屋)を作り亀観察。
と一緒に来ていた六年生の竿に強烈なあたりが!すぐに鯉だとわかりました。
ライン(道糸)が細かったので無理せず引くようアドバイス。
皆が興奮して駆け寄ります。
近くまで引き寄せ、子ども達が持ってきた網ですくおうとしましたが〓
鯉が大き過ぎて、小魚用の網では入りません(当たり前^^;)
私が鯉の頭と尾を二つの網で何とか被せ、中学生が胴体を抱え何とか陸に上げました。
魚体をみるや皆「でかー〓スゲー〓」の連発。
目測で75�重さ5キロオーバーのメスの鯉だと思います。
早速皆で記念写真と新一年生からつかんで見る体験!
が男の子皆逃げます(^_^;)そこにAちゃん!堂々と怖がらずに抱えるます。さすが!
今日は、偶然にも学童以外の卒園児の保護者の方も子ども達と遊びに来られており
「いや〜こんなのがいるんですね〜」と初めて見る巨鯉の大きさにビックリされていました。
そうなんです。何気無い近場の江津湖にたった一匹の魚で、こんなにも子ども達のテンションが
上がる事があるんです(^ ^)毎日が楽しい学童です!